獣医になるためには、獣医学を学べる大学からスタート

動物のお医者さんになるためには、どうすればいいのでしょう。

 


まずは、獣医学部または獣医学科のある大学に入学し、獣医師になるための必要な基礎科目、応用科目、臨床に関する科目を受けなければなりません。

 

 

医学部同様6年間の課程を修了する必要があります。

 

 

現在、獣医学を学べる大学は、日本全国に国立10校(帯広畜産大学、北海道大学、岩手大学、東京大学、東京農工大学、岐阜大学、鳥取大学、山口大学、宮崎大学、鹿児島大学)公立1校(大阪府立大学)私立5校(酪農学園大学、北里大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、麻布大学)の16校のみです。

 

また、獣医学部・学科のある大学を卒業するだけでは獣医師の資格をもらえるわけではありません。

 

必要な課程を修了し、農林水産省が行う獣医師国家試験を受験し、これに合格しないといけません。

 

獣医師国家試験は、毎年1年に1回で、2月に行われ、3月に合格発表が行われています。

 

獣医師国家試験に合格し、農林水産省に獣医師免許の交付申請をして
はじめて交付され、獣医師としての資格を取得することができるのです。

 


外為@FX