獣医師の年収

獣医,動物のお医者さん,年収,比較

獣医師を目指す大学受験生にとって、将来、獣医になってからの年収も気になるところではないでしょうか。

 

 

統計では、平均553万円です

 

 

6年間、大変な量の勉強をし、大学の後半に所属する研究室によっては、夜中まで寝る間も惜しんで頑張ってきてやっと獣医師に・・・そんな獣医師の年収は、医師に比べると収入の差があることは事実だと思います。

 

アメリカでは、獣医師の社会的地位が高いと言われますが、日本ではまだそこまでいかないのが現実です。

 

ヒトには保険制度が整っていますが、動物に対する医療は、自費ということもあるのでしょう。ただ、開業医、それも大きな動物病院の開業だと2000万円という獣医師もいます。

 

獣医師という仕事は職域が広いので、選ぶ方向性でちがってくると思います。報酬の安定を望むのなら、公務員や企業の研究員を選ぶといいと思います。

 

獣医学科のある大学では、公務員の説明会も年に何度か行われています。出席した人に聞くと、安定していて優遇されているように思ったとの感想を言われていました。

 

 

大学に入学するときには、臨床医を目指していた人も公務員の道を選ぶ人も増えてくるようです。

 

やはりこれには、動物病院の獣医師は飽和状態にあるという話があるからなのかもしれませんね。


獣医師の年収はどれくらい?関連エントリー


外為@FX