獣医になるには 奨学金

奨学金制度 

志望大学を決める前に、親と相談しておくことの一つが「学費」です。

 

国公立大学の学費は、入学金282,000円、年間学費535,800円ですが、私立大学の場合は、初年度で200〜230万、2年度以降で210万円前後かかります。

 

そこで考えておく必要があるのが奨学金です。大学独自の給付制度の奨学金もありますが、それは学部や学科で数人という数も少なく競争率も高くなります。

 

ですので、貸与制度の奨学金を考えて行きましょう。

 

公的、民間、大学独自とさまざまですので、一つ一つ説明していきます。

 

 

独立行政法人 日本学生支援機構 奨学金

 

大学生の奨学金で一番利用者が多いのがこの「日本学生支援機構奨学金」です。
無利子で借りることができる「第一種奨学金」と利子がかかる「第二種奨学金」があります。申込み方法は、高校で申込みできる「予約採用」と、大学に入学してから大学で申込む「在学採用」があります。
「第一種奨学金」は無利子のため希望者が多いのですが、学力基準や家計基準が二種に比べると厳しく採用されないことも多いようです。どうしても奨学金が必要な方は、第一種、第二種とも申込みをされるといいでしょう。また、第一種の場合は国公立・私立・自宅・自宅外で金額も決まっていますが、第二種の場合は、30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円のいずれかを設定することができます。獣医の場合は、14万円まで増額可能です。

 

詳しくはコチラ⇒ http://www.jasso.go.jp/

 

 

地方自治体の奨学金

 

都道府県や市町村などの地方自治外がもうけている奨学金制度があります。以前は多かったようなのですが、最近は少なくなっており、自治体によっては設定されていないところもあります。その地域の住民でないと借りれませんので、一度、役所や教育委員会で聞いてみましょう。

 

 

民間団体の奨学金

 

あしなが育英会や大学女性協会など、民間団体によって運営されている奨学金です。基準や条件などは直接問い合わせてみないとわかりません。

 

 

大学独自の奨学金

 

大学によっては、独自の奨学金、優待生制度などさまざまです。国公立大学ではほとんど設定されていないようです。
私立大学では、給付制度や貸与制度があり、それぞれに条件が違ってきます。とくに、給付の奨学金に関しては、学部・学科で数人だけで、成績や課程の状況が重視されますので、各大学のホームページを参考に確認しておく必要があります。

 

 


 

実際、息子たちも奨学金の申請を行いました。長男は私立大学の獣医学科、次男は国立大学文系に在籍していますが、どちらも日本学生支援機構の第一種に申込みましたが、長男が却下され、第二種に、次男はそのまま第一種を受けています。
成績的には長男のほうが問題ないとは思うのですが、大学単位で申し込むためそのような結果になったのではないかと思っています。

 

以前は、申しこめばOKがでる日本学生支援機構の奨学金ですが、最近は難しくなってきたようです。

 

奨学金制度 関連エントリー


外為@FX